その痛み本当に虫歯ですか?

最近、歯が痛いしみると来院される患者さんの中に、歯がすり減ったり、ひどい場合はひび割れ等おこしている方が増加しています。

ご本人は虫歯かもと思い来院されているのですが、そうではない場合もあります。

そのまま放置すると、歯が動揺して抜けてしまったり、歯が割れることもあります。

その原因として考えられる、「歯ぎしりやくいしばり(噛みしめも含みます)をされているのでは?」とお尋ねしても自覚がない方も多いです。

この場合まずご自身で気づかれることが重要となってきます。

無意識の間に歯が合わさっていないか、力が入っていないか意識してみてください。

通常、お口の中で上下の歯は離れてリラックスした状態にあります。

なお就寝中の歯ぎしりについては、意識されてもなかなか難しいでしょうから、ソフトな素材で作成したマウスピースをご使用になるのもいいかと思います。(上だけに使います)

一週間ほどで、頭痛や肩こり、朝起きたときのあごのだるさの緩和に役立ったとおっしゃる患者様も多くおられます。