増えてます!TCH(歯列接触癖)

 ほっぺたの内側に白いスジのようなものができることもあります

あごのリラックスポジション

普段、私たちの上下の歯が接触する時間は1日に20分くらいといわれています。

無意識のうちに、上下の歯の間には安静位空隙といわれる1~3mmのすきまができています。

それが、あごのリラックスポジションです。

しかしながら最近、TCHのかたが増えています。

TCHとは、Tooth Contacting Habitの略で、上下の歯を

持続的に接触させる癖のことです。

くいしばりとは違います。

この場合、歯を接触させることによって緊張したり、疲労感が増したりといった不定愁訴を訴えることがあります。

スマホやパソコンを長時間操作しているときに、無意識に噛みしめていることが多いようです。

最近健康番組や新聞等でも話題となっています。

現在のところ治療法としては接触癖に気づいたら、上下の歯と歯を離すように暗示にかけるしかありません。

例えば、集中してしまう場所の目に付くところに「歯を離す」と書いたメモ用紙をはっておき、見るたびにフーと息を吐くと自然に上下の歯が離れます。

自分がTCHかもしれないと思った方は、ぜひ一度お試しください