妊娠中の治療について

治療は安定期(5ヶ月~8ヶ月)が望ましいでしょう。

この時期であれば、通常の治療を受けることができます。

妊娠初期、妊娠後期は基本的に応急処置のみとなってしまいます。