虫歯の進み方

初期の虫歯(C1)

虫歯がエナメル質の中にとどまっている状態です

エナメル質には神経が来ていないのでまだ自覚症状はありません。

 

中期の初期(C2)

エナメル質の内側の象牙質まで虫歯が進行した状態です。象牙質は神経とつながっているので、冷たいものがしみたり硬いものをかむと痛むといった自覚症状が出てきます。

中期の後期(C3)

象牙質は柔らかいので虫歯は急速に拡大します。

虫歯菌が象牙質の奥まで達すると神経に炎症が起き、熱いものがしみたり、時折強く痛むようになります。

末期の状態(C4)

C3を治療せず鎮痛剤で乗り切ると痛まなくなることがありますが、神経が死んでしまった状態です。根の状態によっては残せることもありますが、多くの場合抜歯することになってしまいます。

 

軽い痛みや冷たい物がしみる程度での来院をおすすめします。

 

C3の段階になってから急患で受診すると、神経が炎症をおこしているため麻酔が効きにくく、治療にも痛みを伴う可能性が高くなります

 

神経を取る処置をした場合、歯髄の中が完全にきれいになってからかぶせ物を入れないと、後で歯髄の中が細菌感染し膿がたまってしまうので状態によっては治療期間も長くなります。

この根の治療途中に通院をやめてしまうと急に激痛がおこり抜歯せざるをえない状況となりますのでくれぐれもご注意ください。

 

虫歯の治療方法

初期の虫歯(C1)

放置すると進行してしまうので、必要最小限けずって詰める治療をします。

 

中期の初期(C2)

けずって詰める又はけずった後型を取り、作った技工物をはめる治療をします。麻酔が必要な場合があります。

 

中期の後期(C3)

麻酔をして、歯を大きく深くけずり神経を取り除きます。

何度か消毒を繰り返してきれいにした後、型を取り金属などをかぶせる治療になります。

 

末期の状態(C4)

根の状態によっては抜歯せずに済む場合もありますが、多くの場合抜歯することになってしまいます。