自費の入れ歯について

 

思わず笑顔になれる、よくかめて入れ歯と気づかれにくいものを作製しています

 

より良い新しい方法での作製も各種おこなっています

 

今の入れ歯に満足できず悩まれている方は、費用や長所・短所等をご説明しますので一度ご相談ください

 

じっくりお話を伺い、最もよいと思われる方法をご提案しながら、実際の模型を手にとって確かめていただけます

相談の機会を多く取り、納得していただいた上で作製を始めます

 

お口の状態によってはご希望に添いかねる場合もあります

 

 

※金属床義歯(メタルプレート)

(丈夫で薄く熱伝導もいい入れ歯)

 

保険の入れ歯が分厚くつらい方や歯ぎしり・食いしばり等でどうしても割れてしまう方におすすめします

熱が伝わりやすいので食事もおいしく感じられます

 

金属床義歯と保険適応の比較模型写真

金属床義歯(左)と保険適応(右)の比較

 

金属床義歯と保険適応厚みの比較写真

金属床義歯と保険適応の厚みの比較

 

※写真ではわかりにくいので

 実際に見本でお確かめください

金属床義歯 150,000~250,000円(税別)

 

 ※調整料を含みます

 

※ノンクラスプデンチャー

(引っ掛け(銀色)が見えない入れ歯)

 

笑った時にどうしても気になる銀色の引っ掛け(クラスプ)をなくして作製しています

見た目を特に気にされる方におすすめです

 

※かける歯を樹脂で半分覆うことで安定させていますのでウイング状のものがついています(下の写真をご参照ください)

 

また金属に比べて強度が劣りますので修理が難しく、壊れた場合は作り直しとなります

 

症例見本(3歯欠損)の写真

症例見本(3歯欠損)

保険適応での設計写真(全体図)

保険適応での設計(全体図)

ノンクラスプデンチャーの写真

ノンクラスプデンチャーの設計

保険適応での設計を横からみた写真

保険適応での設計(横から)

ノンクラスプデンチャーの写真

ノンクラスプデンチャーの設計

※受付の右横にサンプルを置いています

どうぞ手に取ってごらんください

ノンクラスプデンチャー

   1歯欠損   70,000(税別)

欠損歯1本増ごと +10,000(税別)

 

 ※調整料を含みます

     

※ミラクルデンチャー

 

ミラクルデンチャーはお手入れ時以外は寝ているときもつけたままが推奨されています

入れ歯と気づかれたくない、はめたまま眠りたい方には朗報です

 

フィットⅠ    150,000~200,000(税別)

          ※両側遊離端は除きます

          ※金属は使用しません

 

フィットⅢ    200,000~250,000(税別)

                              ※金属の補強線入り

 

フィットⅣ・Ⅴ  400,000~600,000  (税別)

                  ※使用する金属によります

       コバルトクロム・ゴールド時価

 

 ※調整料を含みます

 

 

ノンクラスプデンチャー(特に女性に人気の金具のない義歯)


メタルプレート(丈夫で薄く熱を伝えやすい金属床義歯)


フィジオクイック加工(審美性・操作性がよくなります)


コンフォート加工(クッション性がよくなります)


アタッチメント(小型磁石を使いガタつきをおさえます)

等各種作製しています

 

 

※インプラントはおこなっていません